Event

トライアスロンCAMP in 伊豆大島、4耐RUNサーキット、皇居ランなどClub GERONIMOこだわりイベントのトレーニングのレポートです。

 

 

 

 

    Big “ WINDY ” Island                     (準備中)

 

 

 

 

               キャンプ前                                                 OFF

 

 

 

 

               夏の壮行会                                  Survival in Big Island

 

 

 

 

            夏ミーティング                            Meeting @皇居

              定例                                春の壮行会

 

 

 

 

Course in “ Spring ” BigIsland                            東京RUN

img_3609

 

 

 

 

                                            納会                                                                                                            日本晴れ!Big Island

0img_1066IMG_2878kk

                                   一周にこだわる                                                                                            Big Island 夏全開 ~ 114photos ~

IMG_8955-1IMG_8147

                           代々木五丁目65番 Trip                                                                                         春爛漫  ~ラストsakura~

IMG_7456IMG_6615

 

 

 

 

                                       サクラ咲く                                                                                       春が来た!

0IMG_61690IMG_5619

                                      一周入魂                                                                                                                    佐渡決戦

0IMG_0005z26IMG_4987

                        【新規大会】きさらづトライアスロン                                                                                      Super サイクリング in “ Big Island ”

Big ” WINDY ” Island

伊豆大島でトライアスロンキャンプを開催しました。

昨年の秋キャンプも天候には恵まれましたが、今年の秋ステージも無事開催できました。初日土曜日の天候は曇りのち晴れ、朝は少し肌寒さを感じるものの、徐々に気温も上がり、昼間はレーパンレーシャツで十分でした。ただ、風が強く、近年の開催では最も強い風が吹いていました。二日目の日曜日は、朝から晴れ、風もおさまっていました。バイクトレーニングをメインとした大島キャンプでは、常に気になる天候ですね。

やはり初日の大島周回がメインとなるキャンプです。一周42kmのアップダウンに富んだコースは、上級者もうならせる走り応えのあるコースです。そのコースを7:30にスタート、16:00までの8時間半を走り続けます。コースのハードさだけでなく、走り続けるための「メンタル」も鍛えられることになるのです。30名近くで走っていても一周40km以上あるため、単独走となってしまうこともしばしばです。ただ、「今」このコースのどこかでみんな頑張っているという想いはあります。それが、原動力になっています。

目標は、3周から4周ですが、秋は陽が短くなるため、16:00には戻らないと暗くなり危険です。したがって、4周こなためには、平均2時間程度で周回しなければいけませんが、簡単はありません。上級者で7時間~7時間半、一般的には、ギリギリ「完走」と言った感じになるのです。そんな極めてチャレンジングなコースが大島キャンプの魅力となっています。そして、「強風」が4周走った時よりも今回の3周のほうがきつかったという印象を持った選手もいたほどで、「良い」トレーニングとなりました。

7:30 バイクスタート

16:00 ランスタート

バイク終了後、60分程度のランを行います。大島トライアスロンで使われる海沿いの景色の良いコースです。コースは一部アップダウンがあるものの、フラット基調のコースとなっていますが、ランになっても風が止みません。往路が強い追い風、したがって復路は強い向かい風となっていました。バイクのダメージが大きい選手は少しショートカットし、上がるなど、各自、体調を確認しながらのランとなりました。

1日目お疲れさまでした。

TT予想ミーティング

プールでクールダウン、ホテルの露天風呂、海鮮の夕食、そして、翌日のTTの予想タイムの申告などをしてもらうミーティングで初日を締めくくりました。このミーティングでは、まず各選手の自己申告の予想タイムから出走順を決定するのですが、リピーターは過去の持ちタイム、初日周回の走りなど、様々な情報から、他の選手からの「意見」も加味され決定します。

2日目

6:00 ランスタート

2日目は、朝6時から1時間のランを行いますが、昨日の疲労が残る選手も多く、例年稀なほど、早めに上がる選手が多い今回のキャンプとなりました。もちろんこれからの三原山TTに備えるという意味もあるわけです。そして、ラン後の朝風呂から朝食は、「最高」の一言です。

Good morning MOON

朝食が終わり、TTの準備、そして、TTコースに移動します。やはり、笑顔の中にも、その「緊張」が伝わってきます。緊張は、不安もありますが、期待があり、「頑張る」ということから来るものです。30分から60分程度の時間ではありますが、極めて濃い走りをすることになるのです。

8:36 TTスタート

TTは、予想タイムの順に二人づつ2分差でスタートします。距離は10km、最後はフラットから下だりもあり、DHポジションでのTTも含まれるトライアスロンバイクの優位性も出るコースです。キャンプの締めとして、全力で頑張ります。今回は自己ベスト更新の選手、予想タイムを大幅に上回った選手、そして、初参加で無事完走の選手まで、それぞれの「自己目標」を達成しています。

みなさん、お疲れさまでした。またのご参加待ちしております。
.
伊豆大島は、キャンプやレースで1998年から訪れています。年三回のキャンプは、いつ来ても納得のバイクコースが「達成感120%」です。また、一周42kmという距離も絶妙な距離です。あのコースを走るには、長過ぎず、短過ぎず「頑張れる」距離だと思います。また、この秋キャンプは、ダレてしまうこの時期の「気合い入れ」となっています。そして、この大島キャンプそのものに対し、大島でどれだけ走れるのか、普段のトレーニングは出来ているのか、大島は、「確認の場」であるという高い意識も生まれています。

こんなTriathlon GERONIMOスタイルのキャンプは、バイクを徹底的に走り、ラン、スイムも行い、仲間とTRIPを楽しむキャンプとして開催しています。

真面目に楽しむ「大人の部活」です!.

「次回は宮古をメインとし、春先のロングに向けた “ 春キャンプ ” を3月に開催します。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

Meeting @ 皇居

本日は、皇居ラン、TGミーティングを開催しました。

【皇居ラン】

Triathlon GERONIMO のイベントの中でも最もお手軽なメニューです。都内ランナーの定番コース、皇居をマイペースで2周回します。本日は、雨天決行で予定していましたが、雨には降られず、走ることが出来ました。雨予報だったせいか、ランナーはやや少なめで走り易かったと思います。

【Triathlon GERONIMO Meeting】

どなたでもご参加頂けるミーティングです。出場したレースレポート、トレーニングのレポートとスケジュールなどをお聞きしたり、お伝えしています。本日も、レースレポートや近況報告、新規練習会提案などシーズン中盤でのモチベーションをキープします。

■Raceレポート

①5/27(土)第26回新島トライアスロン大会

②6/10(土)第29回伊豆大島トライアスロン大会

③6/11(日)アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

④6/18(日)NISSAN CUP神奈川トライアスロン

⑤6/25(日)館山わかしおトライアスロン

■Trainingレポート

①代々木公園ラン 5/27(土)、6/17(土)、6/24(土)

②2時間インドアバイクトレーニング 5/27(土)6/17(土)6/24(土)

③サザンビーチAQUATHLON 5/31(水)6/7(水)6/14(水)

④湘南トレイル&シーサイドRUN 6/3(祝)

■Trainingスケジュール

7月の予定 http://club-geronimo.com/?p=
8月の予定 http://club-geronimo.com/?p=
9月の予定 http://club-geronimo.com/?p=
.

年齢、性別、職業、関係ない「大人の部活」は続きます。(^^)

お疲れ様でした。またのご参加お待ちしております。

次回は、7/27(木)に開催です。http://triathlon-geronimo.com/?p=176

.

.

.

「練習する集まりであることが大事!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

納会

本日は、4時間耐久ラン第2戦を代々木公園で開催しました。

代々木公園の内周コースは、一周1.17kmとなっています。良く見るとコース反対側の走る選手が確認できるような短い周回です。このコースを使用している理由は、常に参加者同士で、抜きつ抜かれつになる状態になるため、一人で走っていることには変わりはないのですが、やはり、その意識がモチベーションをキープしてくれます。また、ペースがキープし易いため、長時間走にも向いています。

まずは、雲一つない快晴に恵まれ、朝陽を浴びながらスタートしました。4時間をマイペースで走りますが、スタート後1時間と2時間半後に2回のTTを設定しています。4周(約4.7km)を計測します。TTは、全員で一斉スタートとなるため、緊張感も感じながら、「四周入魂」で走ります。それまで着ていたものを、一枚、二枚脱ぎ、体温、気温、そして、気合いが高まったところでスタートします。練習ではありますが、そこはベテランが引っ張り、「その気」にさせてくれます。TT後、ペースを戻しますが、心肺、筋力の負担を感じながら、「我慢」のペース走となりますが、これが重要です。そして、2回目のTTでは、1回目よりもタイムアップすることを目標に走ります。ここでタイムを伸ばすことができるペース配分が全体として必要となります。この2回目のTTが終わると、そのダメージは極めて大きくなって来ますが、まだ1時間残っています。ここからは、まさに「気力」の走りとなっています。ただ、一人ではできない練習をここまで頑張れたのも、「みんなで」という最大の効果だと思います。

今回のご参加者も、トライアスロンデビュー前の方からハワイアイアンマンまで幅広いトライアスリートが集まり、タノクルシイ、「納め」の練習会でした。

Triathlon GERONIMOの練習会は、レベル差関係なく「みんな」で出来ることをモットーに開催しています。但し、キツイですよ。(^^)

これから4時間ランが始まります。
.

エイドステーションの準備も始まっています。

8:00 4時間耐久ランスタート

9:00 一回目の4周TTスタート

10:30 2回目の4周TTスタート

4時間耐久ラン終了です。

みなさん、お疲れさまでした。

走って、走って、走って、飲んで、食べて、楽しむ、「大人の部活」です。

今年もお世話になりました。またのご参加お待ちしております。

次回の4時間耐久ランは、2/25(土)に開催です。http://triathlon-geronimo.com/?p=171.

 

【スケジュール】
.

.

「みんなでやれば、あっという間の4時間!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

代々木五丁目65番 Trip

IMG_8955

本日も、代々木公園120分ランを開催しました。

5月に入り、新緑が気持ちの良い代々木公園です。天気が良かったので、多くの人で賑わっていましたが、ランニングには、ほぼ影響なく、各自マイペースで走ることが出来ました。一周が1kmちょっとのため、抜いたり、抜かされたりしながら、「集中」できるコースが代々木公園の特長です。14~19周をしっかり走り込みました。そして、この後は、「2時間スピニング」が待っているのです。

GW終盤のヒトコマでした。(^^)/

IMG_8968

IMG_8956IMG_8962IMG_8975

IMG_8976IMG_8977

IMG_8978

YOYOGI FINISHERS
.

IMG_8952

♪は~るのおがわは。。。♪

IMG_8949IMG_8954

IMG_8946

ARMS http://www.arms-burger.com/

IMG_8943

お疲れ様でした。またのご参加お待ちしております。

次回は、6/18(土)開催です。(2時間スピニング前に開催です。)

.

お手軽ラン楽しみませんか。都心の真ん中、代々木公園で開催するマイペースランです。代々木公園はフラットコースでとても走り易いです。http://triathlon-geronimo.com/?p=8426

6月の予定 http://triathlon-geronimo.com/?cat=14(調整中)

.

.

.

「 楽しく、頑張れるコース!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

一周入魂

0IMG_6169

本日は、4時間耐久ランを開催しました。

2010年から開催している4時間耐久ランですが、これが目標ではありません。来シーズンに向け、まさに「今」がベース作りとして、もっとも重要な時期なのです。今月は、ラン強化、来月は、バイク強化など、今やるべきことをしっかりとこなす10月から12月するべく、その刺激イベントとして開催しています。もちろんこれ自体も良いトレーニングとなります。それまで積んできたトレーニングの「途中確認」と言ったところでしょうか。「点」ではなく。「線」で繋いだトレーニングをしっかりこなします。

さて、当日は、天候に恵まれ、最高気温は、23度と、少し暑かったと思いますが、女性の5周から、最高8周まで、マイペースで走りました。このコース設定は、走り始めが、下りになっているため、走り易いコースなのです。もちろん、結果的には同じコースを周回するのですが、「気持ち良く」スタートすることができます。これは、やっていることは、同じでも実はとても大事なことなのです。「良いイメージ」で入ることが、その後の走りの展開が変わっていることは事実なのです。トップ選手でもスランプの時などには意識することです。無理矢理根性で走るのではく、身体への直接負担を減らすことと、良い走りのイメージを「暗示」させることがポイントです。また、3周目、6周目に入れたTTは、まさに「刺激」です。そして、6周目で大きく落とすことなく、走りきれることを目標に入れています。結果は、3周目のTTベストは、22’23″、6周目は、23’07″と良い走りも出来ていたと思います。

また、開催しましょう!

2IMG_6139

一周ごとにタイムを「申告」一周のペースをしっかりと確認しながら走ること。3周目と6周目は、「タイムトライアル」とし、6周目のタイムが特に重要な結果となる。.

3IMG_6134

エイドステーションあり。

4IMG_6154

美味しかった。

5IMG_6136

9:00スタート、4時間走が始まった。.

6IMG_6137

マイペースで走る。.

10IMG_614612IMG_6152

13IMG_615814IMG_615911IMG_6148改

頑張った!.

16IMG_6162

お疲れさまでした。

1月にも「確認」のための4時間耐久ランを開催したいと思います。

.

.

.

「さあ、このまま10,11,12月をしっかりと組立てて行きましょう!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka