Bike School

GERONIMO Indoor Bike Training ” G-IBT “

G-IBTは、究極のインドアバイクトレーニングです。トレーナーの追い込み、BGMアシストによるメソッド、フライホイールのマシン効果、モチベーションの高いメンバーによる、「高効率」なバイクトレーニングです。そして、アイアンマンのバイクフィニッシュ後のダメージを軽減させることが最大の目的です。

大雨のち晴れなり

㊻ Max IBT

㊺ ジェットコースター

2017 FINAL IBT

                                        ㊸ クセ                                                                                          ㊷ フィッティング(理想と現実)
           ㊶ バイクフィッティングやるなら その3 (準備中)                                                              ㊵ バイクフィッティングやるなら その2
                       ㉚ バイクフィッティングやるなら                                                                                             ㊳ Two by Two
                                        ㊲ 表と裏                                                                                                         ㊱ Lactate Threshold

Green

㉟ レッスンスタイル

                             ㉞ 足とペダルの位置関係                                                                                                        ㉝ 圧迫

        ㉜ 位置付け、必要性とその割合                               ㉛ 人 ❝ 車 ❞ 一体

サクラサク

㉚ Unbalance

                       ㉙ DHポジションと回転力の関係                                                                                                      ㉘ 反動

Excellent Luck

A Red Letter Day

                                 ㉗(準備中)                                                                                                    ㉖前向きで行こう!
0img_4077img_1507
                                ㉕ 高回転時の痛み                                                                                                     ㉕ 高回転の理由

㉓3時間の意味

img_14300img_1140

                                       ㉒自然体                                                                                                     ㉑素直なペダリングを意識する!

0img_1007img_0252

                                     ⑳(準備中)                                                                                                              ⑲知ってる?

img_0073IMG_0046

                                    ⑱基本の動き                                                                                                              ⑰NON STOP !

IMG_9947IMG_9849

                                         ⑯LIVE                                                                                                             ⑮2時間に耐える

IMG_9820IMG_9579

                                      ⑭一体感                                                                                                                    ⑬Reality

IMG_9565IMG_9545

                              ⑫DHポジションをとる?                                             ⑪スピナーのセッティング

  IMG_8981IMG_8830

                                ⑩弾む、弾まない!?                                                                        ⑨一曲入魂あるのみ

IMG_8194framess

                                  ⑧頑張り過ぎ!?                                                                                     FRAME編集長のトライアスロン挑戦記vol.5

IMG_8000IMG_7878

                ⑦インドアでのトレーニングの意味                                        ⑥集中力の維持 ~BGMの選曲~

IMG_7564IMG_6799

                         ⑤サドルの位置                                                              ④膝位置

IMG_7477IMG_6634

              ③回転力                                       ②無理をしない

IMG_7192IMG_6767                         

                                 ①真っ直ぐ走ること                                                                                                クリスマスの過ごし方

12319736_1099175666759446_484012545_n2IMG_6504

                            ひとりでは出来ないこと                                                                                             何を一番意識すべきなのか

IMG_6431IMG_6311

                   これから始める人からアイアンマンまで                                                                                    負けない!頑張る!

0IMG_5701150809193651_1

                          目的ではなく、手段であること。                                                                               「暑い、熱い、厚い」Cityトライアスロン

110922-2[1]

トライアスロン SPINNING レッスン

大雨のち晴れなり

本日は、GERONIMO IBT スペシャル企画の「渋谷バイク&ラン」を開催しました。

祝日に開催している2時間ラン+3時間GERONIMO IBT +ミーティングの7時間コースです。今日は、予報通りキッチリと雨が上がり、逆に暑さが気になるランとなりました。スタートの30分前まで雨が降っていたので、代々木公園にはほとんど人がいない走り易さと雨上がりの澄んだ空気、紅葉、黄葉が、気持ち良く走らせてくれました。

バイクの後にランではなく、ランの後にバイクという変則的な組み合わせとなっています。これは、あくまでも「バイクメイン」として行っているからです。簡単に言えば、「少し疲れた状態」からスタートしたいということです。正しく使うべき筋肉を動員して、「インドアライド」を行うのです。

バイクは、「スピナー」という特殊なマシンを使い、様々な普段とは違う手法(トレーナーの鼓舞、BGM、グループレッスンなど)で行います。雰囲気、緊張、不慣れなどにより、リアルな実走からかけ離れることがないよう、また、過度な負荷、無駄な動きにならないよう、そして、目的ではなく、「手段」としてのこのトレーニングを意識してもらうためにもビフォーのランを開催しています。

今回のラン参加者は16名で、IBTの半数以上の方々がご参加頂いています。

Triathlon GERONIMOの練習会は、レベル差関係なく「みんな」で出来ることをモットーに開催しています。

2時間ランStart

3時間バイクStart

FINISHERS

「渋谷組」Meeting

.

Run ~ Bike ~ Drink !7時間お疲れ様でした。

またのご参加お待ちしております。

次回3時間は、1/8(祝・月)に開催予定です。

.

.

【スケジュール】
.
【バイクスクールReport】
 

.

.

「宮古島に向け、今この時期が大切!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

㊻ Max IBT

本日は、GERONIMO IBT「75分 SuperSprint HrMAX」を開催しました。
.
今回のメニューのご紹介をします。
確実に60分を追い込むために75分という変則的な時間としています。ベーシックは3時間、アイアンマンのためのGERONIMO IBTです。2時間はスピードとスタミナ、60分は、「動作」をメインとしています。そして、75分は、基本であり、絶対でもある「回転力」強化と、動きの「切り替え」をメインとし、平均Hrが高くなる中でも、しっかりと安定したフォームを目指します。前回同様ですが、③のシッティングでは、更に強度を上げて行っています。
.
18:30 開場(自主練アップ可)(Hr 50~60%目標)
.
① 19:15~19:30(Hr 60~70%目標)
FT×3、CL×1
すでにアップ完了の場合。Hrは上記のレベル。フラットの高速巡行をメインに、途中上りが入る。
② 19:30~19:45(Hr 70~80%目標)
FT×2、CL×2
Hrも上げつつ、フラットと上りの切り替えに慣れる。
③ 19:45~20:15(Hr 70~90%+目標)
SI×4、CL×4
ショートインターバルとクライミングを交互に4セット。クライミングでは前半ダンシング、後半は負荷をキープし、シッティングにて行う。
そして、そのシッティングのラスト30~60秒では、変則ケイデンスとし、2~6回転アップする。
④ 20:15~20:30(Hr 80~90%+目標)
SP×2、BU×3
スプリンティングを2本。参加型のメニューで、ゲーム性を持ち、全員で不規則にアタックをかける。ラスト3本は、30秒ごとのビルドアップとなる。
.
※Hrは個人差もあり目安です。また時間帯の中の範囲となり、特に③では幅広くなっています。
.
是非、一度お試し下さい
.
96年にスピニングインストラクターの資格を取得し、様々なスピニングレッスンを開催してきました。97年には、アイアンマンジャパン(琵琶湖)対策6時間スピニング、その後宮古島対策5時間スピニングなど、「必然性」のあるスピニングにこだわり開催して来ました。99年には、「決定版」となった3時間スピニング+ランを開催、1~3月は「冬季限定集中スピニング」として、毎週3時間スピニング+ランを開催、宮古島やシーズンインに向けた、3ヶ月が「OTSUKAスピニング」の真骨頂だったかもしれません。また、赤坂スタジオで開催しているころは、平日の夜、1時間スピニングを開催していましたが、平日の夜、追い込めるバイクトレーニングとして、お集まり頂いていました。そんな「スピニング命」でやってきたOTSUKAのレッスンです。そして、今は、「GERONIMO IBT」としてその集大成のレッスンを開催しています。
.
「GERONIMO IBT」は、目的ではなく、手段です。あくまでもトレーニングの一環として、各自の目標達成のお手伝いができれば幸いです。したがって、どなたでもご参加頂け、レベルもこれから始めるビギナーから、ハワイアイアンマン経験者まで、幅広くご参加頂いています。ビギナーはベテランの背中を見ています。でもそれだけではありません。ベテランもビギナーを見ています。その新鮮な「やる気」にパワーが増幅するのです。会話ではなく、自身の「走り」が最大のコミニュケーションだと思います。そんな相互に刺激し合えるトレーニング環境がこの「GERONIMO IBT」なのです。そして、練習会ではなく、レッスン。「観る側」と「観られる側」であることが重要なのです。
.
みなさま、お疲れさまでした!
.
直近の次回は、11/18(土)2時間IBT in T.Xです。
またのご参加お待ちしております。
.
【スケジュール】
.
.
毎回、IBT in T.Xの予定に合わせ開催している「代々木公園 RUN」です。
フラットで走り易く、日陰が多いのが代々木公園の良いところです。
こちらも是非ご参加下さい。
内容は、一周、1.17kmの周回コースをマイペースで2時間走をします。
.
.
次回11/18(土)も開催予定です。こちらもご参加お待ちしております。
.
.
.
.
.
.

【Bike School バックナンバー】

「 量より質、効率が重要!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

㊺ ジェットコースター

本日は、GERONIMO IBT「75分 SuperSprint HrMAX」を開催しました。
.
今回は、新メニューのご紹介をします。
確実に60分を追い込むために75分という変則的な時間としています。ベーシックは3時間、アイアンマンのためのGERONIMO IBTです。2時間はスピードとスタミナ、60分は、「動作」をメインとしています。そして、75分は、基本であり、絶対でもある「回転力」強化と、動きの「切り替え」をメインとし、平均Hrが高くなる中でも、しっかりと安定したフォームを目指します。
18:30 開場(自主練アップ可)(Hr 50~60%目標)
.
① 19:15~19:30(Hr 60~70%目標)
FT×3、CL×1
すでにアップ完了の場合。Hrは上記のレベル。フラットの高速巡行をメインに、途中上りが入る。
② 19:30~19:45(Hr 70~80%目標)
FT×2、CL×2
Hrも上げつつ、フラットと上りの切り替えに慣れる。
③ 19:45~20:15(Hr 70~90%+目標)
SI×4、CL×4
ショートインターバルとクライミングを交互に4セット。クライミングでは前半ダンシング、後半は負荷をキープし、シッティングにて行う。
④ 20:15~20:30(Hr 80~90%+目標)
SP×2、BU×3
スプリンティングを2本。参加型のメニューで、ゲーム性を持ち、全員で不規則にアタックをかける。ラスト3本は、30秒ごとのビルドアップとなる。
.
※Hrは個人差もあり目安です。また時間帯の中の範囲となり、特に③では幅広くなっています。
.
是非、一度お試し下さい。
.
96年にスピニングインストラクターの資格を取得し、様々なスピニングレッスンを開催してきました。97年には、アイアンマンジャパン(琵琶湖)対策6時間スピニング、その後宮古島対策5時間スピニングなど、「必然性」のあるスピニングにこだわり開催して来ました。99年には、「決定版」となった3時間スピニング+ランを開催、1~3月は「冬季限定集中スピニング」として、毎週3時間スピニング+ランを開催、宮古島やシーズンインに向けた、3ヶ月が「OTSUKAスピニング」の真骨頂だったかもしれません。また、赤坂スタジオで開催しているころは、平日の夜、1時間スピニングを開催していましたが、平日の夜、追い込めるバイクトレーニングとして、お集まり頂いていました。そんな「スピニング命」でやってきたOTSUKAのレッスンです。そして、今は、「GERONIMO IBT」としてその集大成のレッスンを開催しています。
.
「GERONIMO IBT」は、目的ではなく、手段です。あくまでもトレーニングの一環として、各自の目標達成のお手伝いができれば幸いです。したがって、どなたでもご参加頂け、レベルもこれから始めるビギナーから、ハワイアイアンマン経験者まで、幅広くご参加頂いています。ビギナーはベテランの背中を見ています。でもそれだけではありません。ベテランもビギナーを見ています。その新鮮な「やる気」にパワーが増幅するのです。会話ではなく、自身の「走り」が最大のコミニュケーションだと思います。そんな相互に刺激し合えるトレーニング環境がこの「GERONIMO IBT」なのです。そして、練習会ではなく、レッスン。「観る側」と「観られる側」であることが重要なのです。
.
みなさま、お疲れさまでした!
.
直近の次回は、11/11(土)2時間IBT in T.Xです。
またのご参加お待ちしております。
【75分IBT】(調整中)
.
【スケジュール】
01月の予定 (調整中)
.
.
毎回、IBT in T.Xの予定に合わせ開催している「代々木公園 RUN」です。
フラットで走り易く、日陰が多いのが代々木公園の良いところです。
こちらも是非ご参加下さい。
内容は、一周、1.17kmの周回コースをマイペースで2時間走をします。
.
.
次回11/11(土)も開催予定です。こちらもご参加お待ちしております。
.
.
.
.
.
.

【Bike School バックナンバー】

「 量より質、効率が重要!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

2017 FINAL IBT

本日は、GERONIMO IBT スペシャル企画の「渋谷バイク&ラン」を開催しました。

祝日に開催している2時間ラン+3時間GERONIMO IBT +ミーティングです。今日は、タイミング良く雨も上がり、気持ちの良い代々木公園でした。雨上がりのせいか人が少なく走り易かったことも良かったですね。

バイクの後にランではなく、ランの後にバイクという変則的な組み合わせとなっています。これは、あくまでも「バイクメイン」として行っているからです。バイクは、「スピナー」という特殊なマシンを使い、様々な普段とは違う手法(トレーナーの鼓舞、BGM、グループレッスンなど)で行います。雰囲気、緊張、不慣れなどにより、リアルな実走からかけ離れることがないよう、また、過度な負荷、無駄な動きにならないよう、そして、目的ではなく、「手段」としてのこのトレーニングを意識してもらうためのビフォーのランを開催しています。簡単に言えば、「少し疲れた状態」からスタートしたいということです。正しく使うべき筋肉を動員して、「インドアライド」を行うのです。

今回のラン参加者は15名でした。半数の方々がご参加頂いています。

Triathlon GERONIMOの練習会は、レベル差関係なく「みんな」で出来ることをモットーに開催しています。但し、キツイですよ。(^^)v

12:40  2時間ランスタート

 

 

Transit Run → Bike

16:00 3時間バイクスタート(GERONIMO IBT)

FINISHERS

「渋谷組」Meeting

.

Run ~ Bike ~ Drink !7時間お疲れ様でした。

またのご参加お待ちしております。

次回3時間は、11/23(祝・木)に開催予定です。

.

.

【スケジュール】
11月の予定 (調整中)
.
【バイクスクールReport】

.

.

「10月から2018年トライアスロン新年度スタート!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

本日も「LUMINA PRODUCE ジェロニモ大塚の2時間インドアトレーニング」を開催しました。
.
今回は、バイクフォームであり、特にペダリングでのクセについてお話します。ここで言うクセは、もちろん良いことではないのですが、「現実」でもあります。それを100%正しい状態(理想)にするのではなく、近づける意識が重要と考えます。
.
【クセ】
ここでは、ペダリングに関わるクセを挙げています。
①踏込みポイントが低く、踵が下がり過ぎる
②ガニ股、内股の過ぎる場合
③股関節、膝、足首の動きが人形にようにぎこちない。
これらは、能動的に「ペダリング」をしているからこそ、起きている状態です。
.
そもそも、バイクを走らせるための「ペダリング」は、2足歩行であり、その動きをする人間にとって、「違和感」のある運動であることは間違いないのです。このペダリングという特殊な動きに対し、いかに対応できるかは、人それぞれで、キャリアが浅いビギナーでもすぐ馴染めてしまう人もいれば、その逆もあります。必ずしも練習量やパワーだけではなく、ペダリング時の入力やそのタイミングなどが重要です。「コツ」があるということになるのですが、理論的に「何時の位置で。。。」と頭で考えていても中々できないものです。
.
そこで、有効的となるのが、スピナーの前輪「固定ギアのフライホイール」です。このフライホイールの重さが重要で、軽いものは13kg程度、重いものは、20kg以上になります。そして、より重いほうが理想的です。この重いフライホイールが固定のピスト式となっていることで、回転し始めると、脚が「勝手に回される」状態になります。ここがポイントで、能動的に踏み込まなくても、受動的にペダリング運動が可能となります。そこから生まれる「素直なペダリング」も大きな効果の一つとして狙っているのが、このトレーニングなのです。その結果として、上記の「クセ」を修正する効果があります。また、やや回転が勝ってくると身体の上下動(弾み)が発生しますが、「引き足強化」により、これも収まります。このマシンの特長として、引き足、回転力の強化も大きなメリットがあるのです。
.
ただ、クセは個性でもあり、完全に修正することは難しいでしょう。現実であり、無理のない状態とも言えるのです。大事なことは絶えず、改善意識を持ち続けることだと思います。無理な理想にするのではなく、現実を少しずつ理想に近づける努力をするということですね。
.
【結論】
以前「大玉転がし」の理論がありました。一度動き出した大玉は、「慣性」で移動し続けるため、わずかな力を加えるだけでで、転がり続けるというものです。大道芸の「皿回し」も同様ですね。大玉をフライホイールに変え、回し続けることで無理なペダリングに陥らず、走り続けることが出来ます。まずは、その状態でペダリングとフォーム全体の修正をして行きましょう。そして、徐々に負荷を上げて行きます。負荷が勝ればまた、ぎこちないペダリングになります。一旦負荷を下げ絶えず、動作を確認しながら、一歩一歩進めて行きましょう。
.
※このコラムは、毎回、参加者とのコミュニケーションの中でご質問やキーワードに基ずき書いています。
.
96年にスピニングインストラクターの資格を取得し、様々なスピニングレッスンを開催してきました。97年には、アイアンマンジャパン(琵琶湖)対策6時間スピニング、その後宮古島対策5時間スピニングなど、「必然性」のあるスピニングにこだわり開催して来ました。99年には、「決定版」となった3時間スピニング+ランを開催、1~3月は「冬季限定集中スピニング」として、毎週3時間スピニング+ランを開催、宮古島やシーズンインに向けた、3ヶ月が「大塚スピニング」の真骨頂だったかもしれません。また、赤坂スタジオで開催しているころは、平日の夜、1時間スピニングを開催していましたが、平日の夜、追い込めるバイクトレーニングとして、お集まり頂いていました。そんな「スピニング命」でやってきた大塚のレッスンです。そして、今は、「GERONIMO Indoor Bike Training」としてその集大成のレッスンを開催しています。
.
「GERONIMO IBT」は、目的ではなく、手段です。あくまでもトレーニングの一環として、各自の目標達成のお手伝いができれば幸いです。したがって、どなたでもご参加頂け、レベルもこれから始めるビギナーから、ハワイアイアンマン経験者まで、幅広くご参加頂いています。ビギナーはベテランの背中を見ています。でもそれだけではありません。ベテランもビギナーを見ています。その新鮮な「やる気」にパワーが増幅するのです。会話ではなく、自身の「走り」が最大のコミニュケーションだと思います。そんな相互に刺激し合えるトレーニング環境がこの「GERONIMO IBT」なのです。そして、練習会ではなく、レッスン。「観る側」と「観られる側」であることが重要なのです。
.
みなさま、お疲れさまでした!
.
次回2時間は、10/7(土)です。3時間は、9/23(祝・土)に開催します。
またのご参加お待ちしております。
.
【スケジュール】
11月の予定 (調整中)
.
.
毎回、IBTの予定に合わせ開催している「代々木公園 RUN」です。
フラットで走り易く、日陰が多いのが代々木公園の良いところです。
こちらも是非ご参加下さい。
内容は、一周、1.17kmの周回コースをマイペースで2時間走をします。
.
.
次回9/23(祝・土)は、「渋谷Bike&Run」として開催予定です。こちらもご参加お待ちしております。http://triathlon-geronimo.com/?p=17043
.
.
.
.
.
.

【Bike School バックナンバー】

「 この時期に基本動作をしっかりと身に付けよう!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

㊸ クセ

本日も「LUMINA PRODUCE ジェロニモ大塚の2時間インドアトレーニング」を開催しました。
.
今回は、バイクフォームであり、特にペダリングでのクセについてお話します。ここで言うクセは、もちろん良いことではないのですが、「現実」でもあります。それを100%正しい状態(理想)にするのではなく、近づける意識が重要と考えます。
.
【クセ】
ここでは、ペダリングに関わるクセを挙げています。
①踏込みポイントが低く、踵が下がり過ぎる
②ガニ股、内股の過ぎる場合
③股関節、膝、足首の動きが人形にようにぎこちない。
これらは、能動的に「ペダリング」をしているからこそ、起きている状態です。
.
そもそも、バイクを走らせるための「ペダリング」は、2足歩行であり、その動きをする人間にとって、「違和感」のある運動であることは間違いないのです。このペダリングという特殊な動きに対し、いかに対応できるかは、人それぞれで、キャリアが浅いビギナーでもすぐ馴染めてしまう人もいれば、その逆もあります。必ずしも練習量やパワーだけではなく、ペダリング時の入力やそのタイミングなどが重要です。「コツ」があるということになるのですが、理論的に「何時の位置で。。。」と頭で考えていても中々できないものです。
.
そこで、有効的となるのが、スピナーの前輪「固定ギアのフライホイール」です。このフライホイールの重さが重要で、軽いものは13kg程度、重いものは、20kg以上になります。そして、より重いほうが理想的です。この重いフライホイールが固定のピスト式となっていることで、回転し始めると、脚が「勝手に回される」状態になります。ここがポイントで、能動的に踏み込まなくても、受動的にペダリング運動が可能となります。そこから生まれる「素直なペダリング」も大きな効果の一つとして狙っているのが、このトレーニングなのです。その結果として、上記の「クセ」を修正する効果があります。また、やや回転が勝ってくると身体の上下動(弾み)が発生しますが、「引き足強化」により、これも収まります。このマシンの特長として、引き足、回転力の強化も大きなメリットがあるのです。
.
ただ、クセは個性でもあり、完全に修正することは難しいでしょう。現実であり、無理のない状態とも言えるのです。大事なことは絶えず、改善意識を持ち続けることだと思います。無理な理想にするのではなく、現実を少しずつ理想に近づける努力をするということですね。
.
【結論】
以前「大玉転がし」の理論がありました。一度動き出した大玉は、「慣性」で移動し続けるため、わずかな力を加えるだけでで、転がり続けるというものです。大道芸の「皿回し」も同様ですね。大玉をフライホイールに変え、回し続けることで無理なペダリングに陥らず、走り続けることが出来ます。まずは、その状態でペダリングとフォーム全体の修正をして行きましょう。そして、徐々に負荷を上げて行きます。負荷が勝ればまた、ぎこちないペダリングになります。一旦負荷を下げ絶えず、動作を確認しながら、一歩一歩進めて行きましょう。
.
※このコラムは、毎回、参加者とのコミュニケーションの中でご質問やキーワードに基ずき書いています。
.
96年にスピニングインストラクターの資格を取得し、様々なスピニングレッスンを開催してきました。97年には、アイアンマンジャパン(琵琶湖)対策6時間スピニング、その後宮古島対策5時間スピニングなど、「必然性」のあるスピニングにこだわり開催して来ました。99年には、「決定版」となった3時間スピニング+ランを開催、1~3月は「冬季限定集中スピニング」として、毎週3時間スピニング+ランを開催、宮古島やシーズンインに向けた、3ヶ月が「大塚スピニング」の真骨頂だったかもしれません。また、赤坂スタジオで開催しているころは、平日の夜、1時間スピニングを開催していましたが、平日の夜、追い込めるバイクトレーニングとして、お集まり頂いていました。そんな「スピニング命」でやってきた大塚のレッスンです。そして、今は、「GERONIMO Indoor Bike Training」としてその集大成のレッスンを開催しています。
.
「GERONIMO IBT」は、目的ではなく、手段です。あくまでもトレーニングの一環として、各自の目標達成のお手伝いができれば幸いです。したがって、どなたでもご参加頂け、レベルもこれから始めるビギナーから、ハワイアイアンマン経験者まで、幅広くご参加頂いています。ビギナーはベテランの背中を見ています。でもそれだけではありません。ベテランもビギナーを見ています。その新鮮な「やる気」にパワーが増幅するのです。会話ではなく、自身の「走り」が最大のコミニュケーションだと思います。そんな相互に刺激し合えるトレーニング環境がこの「GERONIMO IBT」なのです。そして、練習会ではなく、レッスン。「観る側」と「観られる側」であることが重要なのです。
.
みなさま、お疲れさまでした!
.
次回2時間は、9/9(土)です。3時間は、9/23(土)に開催します。
またのご参加お待ちしております。
.
【スケジュール】
.
.
毎回、IBTの予定に合わせ開催している「代々木公園 RUN」です。
フラットで走り易く、日陰が多いのが代々木公園の良いところです。
こちらも是非ご参加下さい。
内容は、一周、1.17kmの周回コースをマイペースで2時間走をします。
.
.
次回9/9(土)も開催予定です。こちらもご参加お待ちしております。
.
.
.
.
.
.
BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka