BIKE

GERONIMOメイントレーニングGERONIMO-IBTとBike Campです。90%はインドアのトレーニングで十分です。DHポジションも含め、圧倒的に高効率なトレーニングが可能です。但し、「実走イメージ」に基づくリアルに近いフォームとなっていることが大前提です。その実走イメージを養うのが、キャンプでの実走となります。

 

Online IndoorBikeTraining(開催中)
Studio IndoorBikeTraining(開催中)
Online FTPtest(開催中)
オンラインとスタジオのそれぞれの特長

 

BikeCamp 第1st.
BikeCamp 第2st.
BikeCamp 第3st.(募集中)
BikeCamp 第4st.(募集中)
BikeCamp 第5st.
【Special】3/10(日)GERONIMO Online IBT 5時間(宮古島対策)
【Special】8/00(土)GERONIMO Online IBT 5時間(兼 佐渡対策)
BikeCamp 最終st.

 

RUN

皇居周回を利用したペースコントロールの4時間耐久ランや湘南・茅ヶ崎を楽しむトレイルを含むトリップランなど、一人では出来ない練習や楽しみながら走る練習などをオススメしています。

 

4h Run(10,11,1,2,3月開催)
4h Run + 納会(12月開催)

Course A   Trail & Seaside Run
Course A’   Trail & Seaside Run
Course B2   Trail & Seaside Run
Course C   Trail Run
Course D   Trail Run
Course D-Short   Trail Run
Course E   Trail Run
Tour de 湘南 24   Trail & Seaside Run

 

Run + Meeting
【Special】8/00(日)3時間 皇居周回 Run(兼 佐渡対策)

茅ヶ崎 Swim & Run

//////////////////////////////////////////////////////////

【開催日程】

4/07(日)※締切3/24

4/21(日)※締切4/07

4/28(日)※締切4/14

//////////////////////////////////////////////////////////

Club GERONIMO名物、サザンビーチの練習会です。茅ヶ崎のサザンビーチで開催するスイムとランの練習会です。アクアスロンスタイルとして、なるべく短いトランジットを目指します。トライアスロンの聖地茅ヶ崎を、泳いで、走ってお楽しみ下さい。

■時間 8:00 サザンビーチ更衣施設集合(時間厳守)

その後、準備、8:15 スタート、11:45終了。

■対象 初級者~上級者

■距離 60分スイム+120分ラン

※ランは各自2時間で終了。スタートが遅くなった場合でも、11:45で終了のこと。

■コース

  • スイム: サザンビーチオーシャンスイム
  • ラン: シーサイド&R134ラン

《推奨ショートコース for 4~5月及び真夏対策》

メインAS(施設)を中心に東ループ2.28km、西ループ3.5km

※4、5月は暑さに慣れていないため、水分補給しやすいコースを推奨します。また、他のコースを長く(MAX60分)走りたい方は、水分携行義務とします。

◾️メニュー(予定)

4月~6月、9月~10月:三角コース(一周約130m、ブイ3個)にて。アップ(反時計〜時計周り)、400mTT(各自計測)、フリー(時計周り)

7~8月(海水浴場期間):遊泳エリア沖側横方向往復コース(約200m、コースロープ)にて。アップ(時計周り)、スイム&ビーチラン2~3セット(各自計測)、フリー(時計回り)

※当日の天候及び状況によっては変更の可能性あり

■参加費 ¥2,500+tax

■定員 15名(催行人数:10名)

■申込締切・キャンセル不催行連絡(人数不足、施設使用不可など) 14日前までとなります。(日曜日開催の場合、前々週日曜日まで)※キャンセル、不催行の場合、ご返金対応させて頂きます。

■振替 スイムが中止となった場合、オンラインの3時間IBTにて開催します。

■持物

  • スイム:ウエア、ウェットスーツ(義務※)、エマージェンシーフロート(義務)、ゴーグル、キャップ、ビーチサンダル ※海水浴場期間は自由
  • ラン:ランシューズ
  • その他 :キャップまたはサンバイザー、水分、補給食(必要な方)、保険証

■更衣・シャワー サザンビーチ施設利用(実費¥500)※コインロッカーはありません。貴重品は極力減らして下さい。

□開催の模様 http://club-geronimo.com/?cat=2

□その他のイベントスケジュール http://club-geronimo.com/?cat=5 

 

////////////////////   ご参加にあたって   ////////////////////

※悪天候及び不測の事態等による開催中止の決定は前日17時までに決定します。 ご予約の方は、3日前と前日のFBグループ投稿を必ずご確認下さい。

※ウェットスーツ、エマージェンシーフロートをお忘れ、遅刻の場合、スイムのご参加は出来ません。

《重要》 以下の点についてご確認頂きご参加下さい。

  • 体調管理を十分行いご参加下さい。特に前日の過度な運動、睡眠不足、飲酒などにご留意下さい。
  • 十分な水分補給をして下さい。
  • 各自必要な保険などはご加入の上ご参加下さい。
  • 以下、誓約書をご確認の上、ご参加下さい。

 

誓約書

私は、運営方法及び、規則に同意します。また、参加にあたり、十分注意を払い、万が一死亡、負傷、その他の事故が起きた場合にも、保証については自己の責任においてこれを処理し、主催者の責任を一切問わないことを誓います。

 

■お申込み(返信メール記載の「チケット購入」をもって確定となります。)

 

 

「ご参加お待ちしております。」

Bike Camp in 伊豆大島 第4st .(May)~ BigIsland LongRide 2024 ~

//////////////////////////////////////////////////////////

【予約状況】あと、3名入れます。

//////////////////////////////////////////////////////////

日本のBig Island「伊豆大島」でキャンプを開催しています。大島は、98年から、キャンプ、レースでお世話になっている最高のロケーションです。

キャンプの目的は、 7月は佐渡、韓国、ハワイなど終盤対策 、 11月は来シーズンのためのベース対策、1月は秋と春を繋げるバイク練習力強化、3月は宮古島、台湾、シーズンインなど序盤対策、そして、GWは長崎、ケアンズなど中盤対策として開催します。

大島で開催するメリットは、交通量の少ない中で走れることで、3~4周(130~170km)をしっかりと走り込みます。また、バイク後のラン、クールダウンスイムなども希望者にて行います。

そして、5月は陽が長くロングライドの季節です。通常より、時間を長く設定し、4周を目指します。

Brick Run & Cooldown Swim

■日程 5/24(金)~26(日)※24日21:30竹芝集合、船中一泊、現地一泊

■開催地 伊豆大島 

■内容 バイクメイン 

  • 5/25(土):バイク周回3~4周、ラン&スイム(希望者)、TTミーティング 
  • 5/26(日):早朝ラン(希望者)、三原山バイクヒルクライムTT10km 

■対象 Club GERONIMO 登録メンバー全レベル ※登録無料

■定員 15名(催行人数10名)

■参加費(暫定※)¥35,500(宿泊、船、保険、ミーティング飲食、他)

別途、特2等¥2,900が加算されます。

※チケット発売前のため。

■キャンセル(別途ポリシーあり)

■申込方法 下記フォームよりお申込下さい。追ってキャンセルポリシーなどご確認頂きます。また、安全講習で諸々ご確認後、参加費お振込みとなります。

■開催の模様 http://club-geronimo.com/?p=10544

 

/////////////   参加条件 及び 誓約書   /////////////  

■参加条件

  1. 安全講習「Online」ミーティングに参加。
  2. バイク歴1年以上、150km以上の経験が有り、パンク修理、輪行が出来ること。
  3. バイクは「プロショップ」にて事前点検。
  4. 雨天決行
  5. ご家族及び緊急連絡先の方に、参加することの「同意」を得る。
  6. 「不測の事態」等による開催中止の決定は前日17時までに決定する。 

 

≪ 誓約書 ≫

私は、運営方法及び、規則に同意します。また、参加にあたり、十分注意を払い、万が一死亡、負傷、その他の事故が起きた場合にも、保証については自己の責任においてこれを処理し、主催者の責任を一切問わないことを誓います。

 

□お申込 下記フォームにてお申込下さい。

 

        「ご参加お待ちしております。」 

 

 

GERONIMO Online IBT 2024

1996年に「SPINNING」として、国内に紹介されたインドアバイクトレーニングをルーツとする「GERONIMO-IBT」です。その後、原型を変えて、フィットネスでなく、バイク競技のためのトレーニングとして進化させて来ました。

そして、ソフト、ハードが充実する時代に入り、2020年 GERONIMO Online IBTがスタートとなりました。「180kmバイク後、ランにダメージを残さない回転の持続力を身につける。」を最大の目的とし、マイバイク、マイポジションでリアルライドを目指します。また「BGM」を利用することも特徴的な手法は変わらず、より集中力を高めるための最大のツールとなっています。

そのBGMも「オンライン専用」とし、インスト系でまとめ、3ヶ月に一度リニューアルしています。

//////////////////// Infomation ////////////////////

/////////////////////////////////////////////////////////////

■はじめに

「3ヶ月検証」を提唱しています。トレーニング効果を感じて頂きたく、基本を3ヶ月のQuarter会員としています。トレーニングは3ヶ月単位であり、1ヶ月では答えが出ないからです。3ヶ月で初めて「兆し」が見えてきます。

Quarter会員は月6回で元が取れますが、それ以下になってしまう方のために「チケット会員」をご用意しています。週一参加でまず慣らしてもらうための設定です。

そして、それもできるかどうか確認するために1ヶ月間の「無料体験」があり、最大週一の4回参加が可能となります。朝が良いのか、夜が良いのか、トレーニング内容だけではなく、継続させるための様々なことを確認して頂くことが出来ます。

■タイムスケジュール

  1. 火・木曜日 60分 20:15集合、21:30終了
  2. 水・金曜日 60分 5:45集合、7:00終了
  3. 土曜日 朝2時間 9:45集合、12:00終了
  4. 第3木曜日PC 20:10集合、21:30終了(初参加者不可)
  5. 日曜日 朝3時間(不定期) 8:45集合、12:00終了(初参加者不可)

※具体的な日程はコチラでご確認下さい。

■会場(ZOOMを使用)

■対象と定員 

どなたでもご参加可能ですが、60分クラスからのスタートを推奨しています。また1クラス15名程度で開催しています。

■参加費(月間20回程度開催)

①Quarter会員 ¥8,000+tax ×3ヶ月

  • Q会員のお申込締切:毎月27日まで。
  • Q会員のキャンセル:毎月15日以降、27日まで。
  • 含まれるレッスン:月内の2時間以内全て ※その他のレッスンもQ会員割引
  • レッスンのお申込み:不要。※Special除く

②チケット会員 A&B

  1. チケット会員 A:4回 ¥5,000+tax(有効期限:初回参加後30日間)
  2. チケット会員 B:8回 ¥10,000+tax(有効期限:初回参加後60日間)
  • チケット会員のお申込締切:参加日3日前まで。
  • チケット会員のキャンセル:不可。
  • 含まれるレッスン:月内の2時間以内全て。※別途3時間などご参加可
  • レッスンのお申込み:毎回必要。
  • レッスンのキャンセル:3日前まで。

■各会員申し込み方法

下記リンクよりお申込み下さい。

http://club-geronimo.com/?p=22649

■準備(重要) 

パソコン、ヘッドセット、サイクルコンピューター(ケイデンス、パワー)、ヘッドバンドなど。 ※ヘルメット、サングラスなどは自由。

【カメラ位置】※重要

真正面顔と膝が写る距離と高さ。頭部や足先は見えなくても良く、その分なるべく大きく写したい。

真正面で顔、膝が写り、身体の「中心軸」、膝の「軌道軸」が確認できる位置。

DHポジションも同様

★カメラ位置の理想例や脱力についての詳細

【室内】

外光が強い場合、「逆光」で見えなくなるため、カーテンなどで遮光して、室内の照明を付けて下さい。

■トレーニングメニューの考え方

  1. 回転力 このトレーニングでは、レースでのバイク180km後のランにダメージの少ない脚を作るため、「回転力」を養うことが最大の目的となります。
  2. 集中力 そして、ただの回転ではなく、そこに様々な「抵抗」が関わってきます。空気抵抗、路面抵抗、それらに耐えうるよう、負荷をかけ、「高速巡行性」を高めるトレーニングとなりますが、そのためには集中するための「イメージする力」を養う習慣を身に付けます。
  3. 持久力  このトレーニングでは、2時間走れば60km程度(人により45km~80km)を想定しています。そして、もちろん、距離も大事ですが、最も重要なことは、「2時間、脚を止めない」ノンストップ走行であるということなのです。その走りがレースでの持久力を養うのです。

■コース紹介

■GERONIMO-IBT「オンラインとスタジオの違い」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1645kkk-2.jpg

 
 
 

/////////   ご参加にあたって   /////////

※不測の事態等による開催中止の決定は平日17時まで、週末7:00までにご連絡します。

《重要》 以下の点についてご確認頂きご参加下さい。

  • 体調管理を十分行いご参加下さい。
  • 十分な水分補給をして下さい。
  • 各自必要な保険などはご加入の上ご参加下さい。
  • 以下、誓約書をご確認の上、ご参加下さい。

 

誓約書

私は、運営方法及び、規則に同意します。また、参加にあたり、十分注意を払い、万が一死亡、負傷、その他の事故が起きた場合にも、保証については自己の責任においてこれを処理し、主催者の責任を一切問わないことを誓います。

////////////////////////////////////////

 

 

「ご参加お待ちしております!」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Hi-BOSS.jpg

GERONIMO Online IBT カメラ位置&脱力

カメラ位置は、可能な限り合わせましょう。

  1. 距離
  2. カメラの左右位置
  3. カメラの高さ

■カメラの距離、左右、高さ

距離に関しては、部屋の奥行きが必要となるが、可能な限り調整したい。カメラのセンター出しは絶対だが、カメラを置く位置の高さは配慮したい。高過ぎず、低過ぎず。

◉ 良い例:カメラの距離、高さ、角度など。ハンドルとカメラの高さが同じ。

✖︎ 悪い例:距離、左右角度は良いが、カメラが高過ぎるため膝が見えない。

■タオルを使用する場合

実走でタオルは使用しない。そのため、無いことが理想だが、外と違い大量の汗をかくため使用は止むを得ないが、可能な限りモニターチェックやリアルポジションとなるようにしたい。

◉ 良い例:薄く、小さなタオルは膝が隠れない上、実走時のポジションに近い。

✖︎ 悪い例:タオルが大き過ぎて膝が隠れてしまう。また厚い場合はポジションも変わってしまう。

■脱力

可能な限り脱力できるよう「上体」が起きた状態が理想。そのため、なるべく高い位置であるDHバーのアームレストを持つ。手をアームレストに軽く置き、腕は軽く曲がるようにする。

「思いっきり脱力」。モニターチェックをしながら脱力し続ける「集中力」を確認したい。

 

[戻る]

GERONIMO-IBT「オンラインとスタジオの違い」

1996年に「SPINNING」として、国内に紹介されたインドアバイクトレーニングをルーツとする「GERONIMO-IBT」。その後、原型を変えて、フィットネスでなく、バイク競技のためのトレーニングとして進化させてきた。

そして、2020年 GERONIMO Online IBTがスタートとなったが、スタジオで開催するリアルなトレーニングとどのように違うのか、それぞれのメリットについて述べている。

まず、共通の目標として、「180kmバイク後、ランにダメージを残さない回転の持続力を身につける。」が大前提となる。また、「BGM」を利用することも特徴的な手法であり、集中力を更に高めるための最大のツールとなる。

 

■スタジオと比較した場合の、オンラインのメリット

現状況により生まれた「新手法」。メリットは5つ。

①マイバイク(マイポジションそのものであり、特にDHポジションでの安定したトレーニングが可能となる。)

②移動時間のない、お手軽「おうちトレーニング」

③朝スイムのような頻度の高いトレーニング(月間20回前後開催中)

④モニターにより、常に自身のフォーム、特に「冷静さ」を確認できる。

⑤後日、詳細なフィードバックができる。

≪主な狙い≫ 高回転(90~110rpm)の持久性を伸ばす。

■オンラインと比較した場合の、スタジオのメリット

原点はこちら。メリットは3つ。
オンラインを始めたことで「スタジオ」のメリットを再認識している。

①最大と言えるのがスピナー。マシンの重量と、重量級の「固定ギア」となったフライホイールが決めてとなる。これにより200回転以上も可能となり、「最大回転力の養成」になるオンリーなトレーニング。バイク180km中、120km過ぎてからの回転力を養うことができる。

②緊張感がある。おうちトレーニングは手軽だが、比較した場合、集中力に欠ける傾向がある。

③マシン、音響などの機材環境は不要となる。

≪主な狙い≫ まず、最大回転力(150~200rpm)を伸ばし、持続力につなげる。

.

両者は別もの、オンラインは「新しいもの」として生まれた。それぞれ、メリット、デメリットがあるが、今となっては「両方必要」と言える。スタジオで最大回転力を養成、オンラインで回転力を意識した日常的なバイクトレーニングを行う。

.

.

「どちらも必要!」